お客さんが増える効果的なメニューの作り方 〜飲食店集客ノウハウ〜

最終更新: 2019年8月22日



こんにちは。セールスライター/集客コンサルタントの金田貴美です。


今回は、どうすればもっとお客さんに来てもらえるのだろうと日々熱心にマーケティングや集客に取り組まれているあなたのために、「お客さんが増える効果的なメニューの作り方」をご紹介したいと思います。


飲食店のメニューは視覚を刺激せよ



前回は注文が増えるメニューの付け方について実際の事例を交えてご紹介しました。

ちょっとした言葉を添えるだけで印象が劇的に変わるメニュー名の付け方。

こちらもぜひ参考にしてみてください。


とはいえ、やはり飲食店の場合、いくら文字で表現しても写真の威力には勝てません。


みなさんも想像してみてください。


①:目の前に焼肉とだけ書かれたメニュー 

②:美味しそうな焼肉の写真


あなたならどちらに目を惹かれますか?





いかがでしょう。

①と②を比べて、どちらが食欲を誘われますか?


ほとんどの方は②右の写真のほうを選ばれたのではないでしょうか。


写真に優る文字はない



写真(映像ならもっと)の効果は絶大で、メニュー名を見なくても、美味しそう!食べたい!と思うのが人間の心理です。


ですから、もしできることならシズル感溢れる美味しそうな写真を載せることが、実はお客さんを増やす一番手っ取り早い方法なのです。


とはいえ、すぐにいい写真を撮影してメニューを変えるには時間もお金もかかってしまいますよね?


そこで、メニューを変えずにできる効果的な方法をご紹介したいと思います。

店内 POPを作ろう


オススメは、お店の一押しメニューの店内POPを作ること。


今はスマートフォンの画像でも性能が良くとても綺麗に写真を撮ることができます。

またスマートフォン内で画像編集もできますので、新しい機材やソフトも必要ありません。


スマートフォンで撮影して、写真にメニューを添えて印刷するだけ。

コンビニや印刷会社どこでも数十円〜数百円ですぐにできてしまいます。


それを店内に貼るもしくはテーブルにメニューとは別に置いておくだけで、同じメニューでもお客様は目が行くので自然と注文も増えます。


その際に、前回お伝えをした「お客様がイメージできるメニュー名」もしくは「イメージできる言葉(説明)」を付け加えることで、POPの効果は一層上がります。


他にも、「○食限定」や、「季節限定」など、特別メニューにしてみたり、

ちょっとした工夫でメニューを特別なものに見せることもできます。


お店の一押しメニューなのになかなか注文されない商品などは、

POPや別メニューなどで特別感を出してお客様にアピールしてみてはいかがでしょう。



#飲食店 #集客 #お客さんが増える #メニュー #作り方 #コツ

Copyright © KLACHIC Inc.All Rights Reserved.

お問い合わせ:KLACHIC株式会社 京都府京都市下京区坊門町782-1

info@klachic.com